awsの運用は自動化することを検討しよう

awsの運用をするときには適切な監視をしてパフォーマンスを維持しつつ、障害対策をすることが重要になります。

awsの運用のために有人監視をするケースも多いですが、自動化による対応も検討してみると良いでしょう。有人監視のメリットやデメリットを踏まえ、自動化をすることで何が実現されるのかを紹介するので参考にしてください。

有人監視のメリットとデメリット

awsの運用をするときに有人監視を選ぶのが主流になっていますが、メリットもデメリットもあるので総合的に理解しておくことが重要になります。awsのサーバー監視をエンジニアが常に監視する体制を整えると障害発生時に速やかに対処できるだけでなく、障害発生のリスクが確認されたときに迅速な予防対応をすることもできるのがメリットです。

また、ヘルプデスクとしての役割もエンジニアに果たしてもらうことができるのもメリットで、社員のパソコンやサーバーなどのスキルが高くても低くても特に問題なくawsを利用できる環境を整えられます。有人監視にして社内エンジニアに任せればawsの運用が現場でもスムーズに行えるでしょう。

一方、有人監視は考え方によってはデメリットばかりになるので注意が必要です。迅速な対応ができるというのは嘘ではありませんが、人がリスクや障害に気づいて対処方法を考え、実際にアクションに移すまでにはかなりの時間がかかります。

ログを確認して翌日に対応するのに比べたら良いのは確かですが、対応が瞬時に終わるわけではないので気をつけなければなりません。また、有人監視はコストパフォーマンスが高いとは限らないのも事実で、24時間365日の体制を整えるには給与水準が高いエンジニアに夜勤や休日出勤をさせなければならないでしょう。

本当にそこまでコストをかけることで運用がうまくいくのか、よく考える必要があります。

自動化すればデメリットを克服可能

有人監視によるawsの運用のデメリットは自動化によって克服することが可能です。何を自動化するのかが具体的にわからない人もいるでしょう。

監視ではメトリクスの取得やログの記録などは自動化するのが比較的簡単で、一定頻度で情報を取得して保存するプログラムを組むだけでいつでもデータを参照して解析することが可能です。awsに限らずサーバー監視のためのソフトウェアやシステムを利用すれば、あまりサーバーに関する詳しい知識がないエンジニアであっても簡単に情報取得やログ記録は自動で行えるように設定できます。

このような仕組みは有人監視の場合にも利用するのが普通なのでエンジニアにとっては基本でしょう。もう一つ重要な自動化として挙げられるのが障害や障害リスクへの対応です。有人監視の場合にはサーバーの異常動作や誤動作が見られたときやリソースの偏りがあったとき、障害が発生してシステムに問題が生じたときなどに状況を判断して適切な対応を取っています。

このような人が行っている情報の確認、判断、対応といった一連の動きはプログラムにして自動的に行えるようにするのが対応の自動化です。決まったパターンのときにこのように対応するという一対一対応をできるようにしておくことで。

人が対応するよりも迅速になります。人件費の問題についても自動化によってかなり軽減することが可能です。情報を集めたりログを作成したりするのを自動化すればエンジニアの作業量が大幅に軽減され、他の業務を兼任することも難しくなくなります。

労働時間もかなり短縮できるので人件費が削減できるのは明らかでしょう。また、障害対応の自動化をすればさらにエンジニアの作業量が減るだけでなく、業務中に過度の緊張に追われることも少なくなるので労働環境が改善します。

夜勤なども減らせることを考慮するとコストパフォーマンスが高い運用方法だと考えることができるでしょう。

自動化のプログラムを組めるようにするには

自動化をするためにはプログラムを組む必要があります。一般的な障害対応のプログラムであればawsに対応したものを容易に入手することが可能です。オープンソースとして公開されているものもあるので、必要なものを取得して自社用に少し改変すればすぐに運用できるでしょう。

ただ、そのコードを読んで中身を理解し、最適化を行える程度のスキルを持っているエンジニアがいないと有用なプログラムに仕上げることはできません。また、網羅性も問題になり、日常的に発生するリスクが高いものや発生した際に大きな障害につながるものなどを一通り自動で対応できるようにしておかないと障害時に業務が止まるリスクが高くなります。

自動化のプログラムを組めるようにするには十分に経験のエンジニアを起用するか、学習意欲が高いエンジニアに任せてプログラミングを学んでもらうことが必要です。もう一つの選択肢としてアウトソーシングする方法もあります。

アウトソーシングをすれば人材採用をしたり、エンジニアが成長するのを待ったりする必要なく速やかにawsの運用を開始することが可能です。

アウトソーシングのメリットとデメリット

アウトソーシングは速やかに適切な管理体制を整えることができるのがメリットです。awsに特化したサーバー監視サービスが充実してきていることから、安心して運用できる状況を速やかに作り出せるでしょう。ただ、アウトソーシングをしてしまうと最適化のペースが低くなりがちで、運用を始めてから障害が頻繁に発生したり、パフォーマンスが上がらずに不満が生まれたりしてしまうリスクが高めです。

どの業者にアウトソーシングするかによって費用にもかなりの違いがあり、コストパフォーマンスが高い業者を選び出すのにも苦労があります。それを覚悟でアウトソーシングするのかどうかを判断するようにしましょう。

自動化しても有人監視は必要か

情報取得やログ作成、障害対応などを全て自動化するのに成功したら有人監視は必要なくなるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

結論から言えば、完璧な自動化を実現するのは困難なので、安心して運用できる状況を維持するためには有人監視も併用するのが賢明です。有人でない時間帯はリスクが高いという位置付けにして、通常の就業時間外は無人での自動監視とするという運用にするとコストパフォーマンスは高くなるでしょう。

有人監視が必要かどうかはawsをどのように運用するかによっても異なります。心配な場合には運用コンサルティングを利用して適切な体制を提案してもらうのが良い方法です。